ニキビの方のためのメイクアップ

メイクアップ

ファンデーションは、オイルフリーか、ニキビに有害なオイルをカットしてあるものを使いましょう。

リキッドタイプよりパウダータイプのファンデーションを使いましょう。

赤みの強いところや腫れているところはできれば避けましょう。

スポンジで肌の上を軽く滑らせましょう。

ニキビを隠すメイクをするのではなく、ニキビを目立たなくするという意識でメイクしましょう。

補色を使い、ニキビの赤みを目立たなくしましょう。赤色の補色は黄色や緑があります。赤色に黄色を加えることで、周囲の肌の色と調和され、赤みが目立ちにくくなるでしょう。

アイメイク等のポイントメイクをしっかりとすることで、ニキビに視線がいかないようにメイクしましょう。

メイクアップの考え方

化粧で、ニキビを隠そうとすると、厚塗りをしてしまいます。
厚塗りはやはり、ニキビにはよくありません。
でも、ニキビが目立つのが恥ずかしくて、ついつい隠すメイクをしてしまう。
そうすると、心にどんどんストレスが溜まっていき、心まで覆い隠してしまいます。
そうするとメイクが楽しくありません。
メイクとは、本来、メイクすることによって、きれいになり、自分の魅力をアピールし、自分自身に自信をもたせるものです。
つまり、楽しいもののはずです。
前向きな気持ちでメイクに臨むことが、ストレスを減らし、ニキビを減らすのです。

ニキビについて

  1. ニキビについて

    ニキビは病気です。できてしまったニキビは、早めに治療して、ニキビ痕にしないようにしましょう…

  2. ニキビ痕について

    ニキビ痕には2種類あります。 一つは、赤黒い(赤い)痕。 もう一つは、凹んだ痕。 赤黒い痕は、軽度の炎症がいつまでも持続…

  3. ニキビの方のためのスキンケア

    どの種類のスキンケア化粧品も、オイルフリーのものか、ニキビに有害なオイルをカット…

  4. ニキビの方のためのメイクアップ

    メイクアップ ファンデーションは、オイルフリーか、ニキビに有害なオ…