金属アレルギー

金属パッチテストについて

皮膚科の治りにくい疾患の中には、金属アレルギーが原因のことがあります。

(代表例)掌蹠膿庖症・汗庖状湿疹・扁平苔癬・貨幣状湿疹・多形慢性痒疹

金属アレルギーだけが原因といっているわけではありません。

ピアス、腕時計、指輪をつけていたところにできる湿疹だと、直接皮膚に金属が触れるので、金属アレルギーがイメージしやすいのですが、日常品でとても金属と思えないもの(化粧品・写真・ゴム等)にも結構金属が含まれています。
食べ物(豆類・木の実・チョコレート等)にも金属は含まれているのです。
なので、ご自身では、何も思い当たらないのですが、「実は金属が原因だった!!」ってことがあるのです。
その犯人である金属を調べるのが、金属パッチテストです。

金属パッチテストは保険適用です。

検査日と判定日(予約制)

テストの日は、水曜日土曜日です。それぞれの48時間後と72時間後に判定します。
汗による刺激を避けるため、4月~9月は検査できません。
妊娠中・授乳中の方は受けられません。

手順

  1. テスト前に医師の診察を受け、原因金属と推測される試薬の貼る部位を決定します。
  2. 貼る部位が決定したら試薬を貼ります。基本的には、背部か上腕内側に貼ります。
  3. 48時間後(2日後)と72時間後(3日後)に医師が結果を判定します。状態によっては1週間後にも判定が必要になることがあります。

注意事項

  1. 試薬を貼り判定日までにかゆみや痛みを生じたときは、はがして、診療時間内にすぐに受診してください。
  2. 48時間後判定までは入浴できません。汗をかくことをしないでください。
  3. 48時間後判定時に付けた印を72時間後判定時まで消さないようにしてください。
  4. 検査を行うことで、感作する(試薬をアレルギーの原因物質をして体が覚えてしまう)ことがあります。
  5. 検査することで、湿疹病変が再燃・増悪することがあります。
  6. 試薬貼付部位に水疱・膿庖・感染等を起こすことがあります。
  7. テスト後に色素沈着や色素脱失をきたすことがあります。
  8. 結果が陰性でも、皮膚疾患の原因であることがあります(疑陰性)。反対に陽性でも実際の皮膚に影響がないことがあります(疑陽性)。
  9. 裁判(訴訟)・賠償のためのパッチテストは行いません。

塗り薬を塗っても効かない、あるいは、塗ったときは治るが中止で再発するなんてことを繰り返している方や、手のひら、足の裏の膿庖や小水疱がよくできる方は、一度、金属パッチテストを受けてみましょう。

その他の診療

  1. 脱毛(ムダ毛)について

    レーザー脱毛について レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン) に吸収するレーザ…

  2. まつ毛育毛剤

    緑内障治療用点眼剤を使うと、まつ毛が伸びるという副作用が発見されたのをきっかけに開発されたのが、FDA(米国の厚労省に当たる…

  3. 頭の臭いと体の臭いについて

    頭皮にせよ、脇や足にせよ、体の臭いは汗や皮脂を常在菌が分解して発生します。 通常、常在菌は善玉菌、悪玉菌、日…

  4. 酒さについて

    酒さとは、顔面に原因不明で持続性の発赤、毛細血管拡張、刺激感等が出現し、重症化するとニキビ様の丘疹や膿疱が混じる慢性炎症性疾…

  5. イボについて

    イボは俗称で、本来は“尋常性疣贅(ゆうぜい)”という病名で、ウイルス感染症です。 老若男女問わず、体のあらゆ…

  6. 伝染性軟属腫(水イボ)

    水イボとは、ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが表皮角化細胞に感染して生じるもので、感染者皮膚から直接感染するだ…

  7. 金属アレルギー

    金属パッチテストについて 皮膚科の治りにくい疾患の中には、金属アレルギー…

  8. 局所的斑点・乾癬・難治性アトピー

    外用剤による治療に抵抗性を示す皮膚疾患の中には、医学的な紫外線を照射して治療するものがあります。 エキシマライトとは、治…