伝染性軟属腫(水イボ)

水イボとは、ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが表皮角化細胞に感染して生じるもので、感染者皮膚から直接感染するだけではなく、プールや入浴の際のビート板やタオルを介して感染することもあります。

皮膚のバリア機能の未熟な乳幼児やアトピー性皮膚炎の患児が感染しやすく多発しやすいです。健常児では10歳以上になるとバリア機能が強くなり免疫もできるので感染しにくくなります。

成人発症の場合は、HIV感染と合併していることがあります。

発症後6ヶ月~3年程度経過すると自然に治ることが多いのですが、実際はかなり個人差があります。

治療方針

確実に治すには摘除することですが、大変な痛みを伴います。摘除するならば少しでも痛みを和らげるために麻酔のテープを処置の前に貼っていただくのですが、無痛にはなりません。乳幼児ならやはり泣いてしまいます。

発症後6ヶ月~3年程度で自然に治癒することが多く、移した方も移された側も、いずれは自然に治ることがほとんどなので、私たちのクリニックでは経過観察をお勧めしています。

どんどん増えるタイプ、ずっと同じところにあるタイプ、ある場所は治っても別の場所に出てくるのを繰り返すタイプと、経過観察しているとおおまかに3パターンありますが、ほとんどの場合は最終的には自然に治るので心配要りません。

例外は、水イボが化膿した場合と、10歳以上になっても治らない場合です。いずれも摘除した方がよいでしょう。

自然に治るので経過観察と医療機関で言われても、通園中の幼稚園・保育園や通っているスイミングプールの中には摘除してこないとプールに入れてくれないという困った現実があります。

摘除により患児が痛がるのは辛いが、摘除しないでプールに入れてもらえないのはかわいそうと板ばさみで悩む保護者の方に、銀イオン配合の保湿クリームで、その抗菌力を用いて水イボの治療にも応用のできるクリームを私たちのクリニックで採用したので報告いたします。

3A M-BF CREAMです。
このクリームは保険が利きません。1本15g入り2,000円(税別)です。

3A M-BF CREAM

銀イオン配合クリームを使った実験データでは、2ヶ月くらい塗ると80%くらいの方に有効だとのことです。治るまでに時間を要することもあるのでプールに入る2ヶ月くらい前からは塗った方がよいでしょう。

※ 2ヶ月前から塗っていれば必ずプールに入れることを保証するものではありません。

塗り続けて、水イボが赤くなってきたら効果が出始めたサインなので続けましょう。ただし、水イボを越えて広範囲に赤くなったりガサガサしたり痒がったりした時はかぶれの可能性もあるので中止の上すぐに受診してください。

その他の治療

  1. まつ毛育毛剤

    緑内障治療用点眼剤を使うと、まつ毛が伸びるという副作用が発見されたのをきっかけに開発されたのが、FDA(米国の厚労省に当たる…

  2. 頭の臭いと体の臭いについて

    頭皮にせよ、脇や足にせよ、体の臭いは汗や皮脂を常在菌が分解して発生します。 通常、常在菌は善玉菌、悪玉菌、日…

  3. 脱毛(ムダ毛)について

    レーザー脱毛について レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン) に吸収するレーザ…

  4. 赤ら顔について

    赤ら顔とは、まさに「顔が赤い」ことの状態を指す言葉であり、原因疾患が、かぶれなのか、アトピー性皮膚炎なのか、ニキビなのか、酒さなの…

  5. イボについて

    イボは俗称で、本来は“尋常性疣贅(ゆうぜい)”という病名で、ウイルス感染症です。 老若男女問わず、体のあらゆ…

  6. 伝染性軟属腫(水イボ)

    水イボとは、ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが表皮角化細胞に感染して生じるもので、感染者皮膚から直接感染するだ…

  7. 金属アレルギー

    金属パッチテストについて 皮膚科の治りにくい疾患の中には、金属アレルギー…

  8. 局所的斑点・乾癬・難治性アトピー

    外用剤による治療に抵抗性を示す皮膚疾患の中には、医学的な紫外線を照射して治療するものがあります。 エキシマライトとは、治…

  9. LEDによる美肌治療

    LED光線には色によりそれぞれ違う作用を有することがわかっています。医療に有用な色の違う光線を組み合わせて使うことにより、美…

  10. フォトフェイシャル®ステラM22

    フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は、ヘモグロビンをターゲットとして、毛細血管にダメージを与え、赤ら顔や毛細血管拡張症等の血…