赤ら顔について

赤ら顔とは、まさに「顔が赤い」ことの状態を指す言葉であり、原因疾患が、かぶれなのか、アトピー性皮膚炎なのか、ニキビなのか、酒さなのか、膠原病なのか、自律神経異常なのか、更年期なのか等、多種多様であり、原因不明のことがほとんどです。
当クリニックでは、「赤ら顔」で受診された方には、まず採血を受けていただき、どの疾患由来なのかを調べます。保険適応内で不明の時は、希望があれば自費診療の検査もいたします。
かぶれが疑わしい場合は、パッチテストが必要で、総合病院皮膚科へ紹介することになります。
また、更年期のことを調べたい方はまず婦人科受診をしていただきます。
採血結果にて原因疾患と思われるものがあれば、そちらの治療をします。
原因不明の場合は後述する酒さの治療を行い、それでも治りが悪い場合は、フォトフェイシャル®ステラM22による光治療(IPL治療)を行います。フォトフェイシャル®ステラM22とイオン導入を併用するとさらに効果的です。
何を塗っても痒くなるとかヒリヒリするとか、お肌が敏感になっている方には、LEDによる光照射での治療を行います。

ここで特に治りにくいとされる酒さについて取り上げます。
酒さとは、顔面に原因不明で持続性の発赤、毛細血管拡張、刺激感等が出現し、重症化するとニキビ様の丘疹や膿疱が混じる慢性炎症性疾患です。
中高年以降の女性に多いですが、重症の方は男性に多いです。
ステロイド外用剤の副作用が原因で上記症状が出現するものを特に「酒さ様皮膚炎」といいます。
難治性の疾患で、一般的には抗生剤の内服や免疫抑制剤の外用剤を使うことがありますが、それでも治らないときに漢方薬を内服したりアゼライン酸(保険外)や抗原虫剤であるメトロニダゾール(保険外)を外用します。

【主な治療法】

抗生剤
一般的にはミノサイクリン系やエリスロマイシン系がよく使用されます。
免疫抑制剤の外用剤
アトピー性皮膚炎用のものが使用されます。ただ、使いはじめに熱感や刺激感等を生じることがあります。時に酒さが悪化する方がいます。
漢方薬
漢方薬は疾患により薬が決まっているわけではなく、証(体質)で薬が決まります。
アゼライン酸
穀物に含まれる安全な成分で、海外では30年前からニキビの治療に使われていますが、酒さにも有用です。海外で薬として使われている濃度と同じものが日本では化粧品(ニキビ用クリーム)として認可されていますので保険は利きません。刺激感の出る方がいます。
メトロニダゾールゲル
抗原虫剤、あるいは、抗生剤として使われる成分で、以前より酒さに有用だと知られています。妊娠中の方や授乳中の方は使えません。かぶれることがあります。極めてまれですが、全身的に蕁麻疹や四肢の痺れ等が出ることがあります。内服中の薬によっては併用できないことがあります。塗っている間は日焼けをしない必要があります。
フォトフェイシャル®ステラM22
IPL(Intense Pulsed Light)という幅広い波長のマイルドな光が肌トラブルの原因となるターゲットに当たると、光エネルギーが熱エネルギーに変換され、そのターゲットにダメージを与えることによって、肌トラブルを改善し美肌効果をもたらします。
酒さや赤ら顔の治療でヘモグロビンや毛細血管を主なターゲットとして治療をします。
何度も治療をすることにより徐々に改善していく治療法で、メンテナンスとして間隔をあけながらも照射を続けることにより美肌を維持します。
その分、1回の治療は皮膚へのダメージが少なく、治療当日に化粧をして帰宅することができます。
間隔は1ヶ月に1回です。
施術後、薄いかさぶたができることがあります。1週間くらいで取れます。
施術後、赤みが生じることがあります。その日のうちから2,3日後には消えます。

ステラM22で可能な美肌治療や副作用等の詳細はこちらをご覧ください。

LED治療
お肌が敏感で何かを塗るとかゆみや熱感・刺激感を生じやすい方に向いています。
赤色LEDに炎症や赤みを引かせる作用があります。より効果的にするために、赤色だけではなく、青色LEDと白色LEDを同時照射するのがよいでしょう。

LEDによる美肌治療の詳細はLEDをご覧ください。

その他の治療

  1. まつ毛育毛剤

    緑内障治療用点眼剤を使うと、まつ毛が伸びるという副作用が発見されたのをきっかけに開発されたのが、FDA(米国の厚労省に当たる…

  2. 頭の臭いと体の臭いについて

    頭皮にせよ、脇や足にせよ、体の臭いは汗や皮脂を常在菌が分解して発生します。 通常、常在菌は善玉菌、悪玉菌、日…

  3. 脱毛(ムダ毛)について

    レーザー脱毛について レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン) に吸収するレーザ…

  4. 赤ら顔について

    赤ら顔とは、まさに「顔が赤い」ことの状態を指す言葉であり、原因疾患が、かぶれなのか、アトピー性皮膚炎なのか、ニキビなのか、酒さなの…

  5. イボについて

    イボは俗称で、本来は“尋常性疣贅(ゆうぜい)”という病名で、ウイルス感染症です。 老若男女問わず、体のあらゆ…

  6. 伝染性軟属腫(水イボ)

    水イボとは、ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが表皮角化細胞に感染して生じるもので、感染者皮膚から直接感染するだ…

  7. 金属アレルギー

    金属パッチテストについて 皮膚科の治りにくい疾患の中には、金属アレルギー…

  8. 局所的斑点・乾癬・難治性アトピー

    外用剤による治療に抵抗性を示す皮膚疾患の中には、医学的な紫外線を照射して治療するものがあります。 エキシマライトとは、治…

  9. LEDによる美肌治療

    LED光線には色によりそれぞれ違う作用を有することがわかっています。医療に有用な色の違う光線を組み合わせて使うことにより、美…

  10. フォトフェイシャル®ステラM22

    フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は、ヘモグロビンをターゲットとして、毛細血管にダメージを与え、赤ら顔や毛細血管拡張症等の血…