ごあいさつ

こんにちは!! むやスキンクリニック院長の撫養 宗信(むや むねのぶ)です。 私たちのホームページにアクセスしてくださいまして、まことにありがとうございます。このホームページには、私たちの考え方や治療方針を記載しています。なので、同じフレーズが何度も出てくるかもしれませんが、大事なことなんだと思って読んでくだされば幸いです。お肌がきれいになりたい方が、読んでいて楽しく、きれいになりそうと感じ、幸せな気分になって、是非クリニックに足を運んでみようと思ってもらえるよう書きました。このまま、読み続けてくだされば幸いです。では、続きをどうぞ!!

クリニックを開業した動機

私が医師になったころ、大学病院というところで研修していることもあり、重症な皮膚病患者さんを対象に担当しておりました。研修を終え、市民病院クラスの病院でも、湿疹・ヘルペス・皮膚癌等、いわゆる“皮膚の病気”を診察・治療しておりました。ところが、病気まではいかないにしても、お肌のトラブルで悩みを抱えている方が受診されることがあります。そのような方がやっとの思いで受診されたとき、どのように対応されていたかというと、「ニキビなんてそのうち治るから気にするな。」とか、「単なる老化だから特に何もしなくてよい。」・・・と突き放されておりました(もちろん、真摯に対応している先輩医師もたくさんおられます)。

当時は、“美容のことは病気ではない・美容に興味がない”という風潮が医師側にありました。また、保険診療の壁がありました(国が病気と認めたものでないと保険が通らないのです)。でも、私は、皮膚のことならどんなことでもきちんと診察し、悩みを解決していくのが皮膚科医の仕事ではないのかと疑問に思っておりました。失意の患者さんたちは、皮膚の状態を診断できない美容外科やエステへと流れていき、さまざまなトラブルに巻き込まれていきました。「あー、あそこでしっかりと診察して、治療をしていれば、こんなにひどい状態にされてこちらに戻ってくることはなかったのに。」と、何度思ったことでしょう。そのうち、「ニキビは皮膚科に行っても治らない。」とか、「シミは皮膚科で診せても取れない。」とか、挙句の果てに「スキンケアの相談を皮膚科でしても仕方がない。」なんて言われる始末。こんなこと言われて、燃えないわけにはいきません。

肌の状態を正確に判断できるのは、皮膚科専門医です。お肌のトラブルでお悩みの患者さんを救いたい、いや、救えるのは皮膚科専門医なのだと考え、肌の状態を正確に診断できる皮膚科専門医による美肌・スキンケア相談を気軽に受けられるクリニックを作ろうと開業にいたりました。特に、ニキビニキビ痕で悩む女性のために、ケミカルピーリング、TCAピーリング、ホルモン療法等のあらゆる治療法を駆使して、あなたのお悩みを解決していこうと決意したのです。