腋窩多汗症(ワキ汗)について

汗の出る線は、主にエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あり、脇の汗染みに関係するのはエクリン汗腺です。エクリン汗腺から汗が出てくる時に使われる神経伝達物質がアセチルコリンです。

原発性局所多汗症の診断基準

原因不明の過剰な局所性発汗が6ヵ月以上持続していることに加え、以下の6項目中2項目以上を満たす

  • 両側性かつ左右対称性に多汗がみられる
  • 多汗によって日常生活に支障が生じている
  • 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
  • 25歳未満で発症した
  • 家族歴がある
  • 睡眠時は局所性の発汗がみられない

原発性局所多汗症診療ガイドライン策定委員会. 日皮会誌 2010;120:1607-1625

腋窩多汗症の重症度判定

Hyperhidrosis Disease Severity Scale(HDSS)

  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

3および4は重症多汗症と判定される。

原発性局所多汗症診療ガイドライン策定委員会. 日皮会誌 2010;120:1607-1625

腋窩多汗症(ワキ汗)について

  1. 腋窩多汗症(ワキ汗)について

    汗の出る線は、主にエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あり、脇の汗染みに関係するのはエクリン汗腺です。エクリン汗腺から汗が出てくる…

  2. ボトックス

    ボトックスによる治療 神経伝達物質であるアセチルコリンの影響で汗染みの原…

  3. エクロックゲル

    エクロックゲル 日本で初めて保険適用された原発性腋窩多汗症用の塗り薬です。 …

  4. パースピレックス

    長時間持続制汗剤 パースピレックス

  5. D-tube・D-powder

    D-tube(ディーチューブ)・D-powder(ディーパウダー) 主成分に、…