脱毛(ムダ毛)について

レーザー脱毛について

レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン) に吸収するレーザー光を照射することにより、熱で毛および毛根・毛包といった組織が選択的に破壊され、毛の再生を抑制するものです。
私たちのところにあるレーザー脱毛装置はPermanent Hair Reductionという高い脱毛効果を望むことができます。
また、装置先端にはレーザー光の熱より表皮を守るための冷却装置がついておりますので、より安全にレーザー脱毛治療が行えます。

当クリニックは、千里中央で一番早く(2003.7月)からレーザー脱毛に取り組んでいます。

当クリニックのレーザー脱毛機の特色

私たちのクリニックでは、脱毛効果に優れ、痛みや副作用の少ないダイオードレーザーを使用しているのですが、レーザーの出てくるところの直径(以下、スポット径と略す)が小さく、施術に時間がかかるのが難点でした。

新たに導入したレーザー脱毛機は、今までのダイオードレーザーのよいところはそのままで、かつ、スポット径が大幅に大きくなったので、スピーディーな施術が可能になり、さらに痛みが軽減したので、患者の皆様の負担が大幅に軽減されました。また、バキュームテクノロジーという皮膚を吸引する仕組みにより、皮膚への影響を減らし、毛根により集中してレーザー光線が当たるので、皮膚への副作用出現がさらに減少しました。
狭い部位や凹凸の多い部位は今までのレーザーを使用します。

LightSheerDUET

回数

個人差があり、また、部位にもよりますが、ワキだと2ヶ月前後に1回のペースで、平均6回位で満足のいく結果が得られることが多いようです。

どうして1回で満足のいく結果が得られないのでしょうか?
理由は、毛には成長期・退行期・休止期という3つの時期の毛周期があるからです。
成長期は、メラニン色素が豊富な時期で、バルジという領域にある幹細胞(毛の元になる細胞)がレーザー光線とよく反応し、破壊されます。
成長期以外だと、毛包が萎縮し、毛乳頭(毛の細胞に栄養を与えるところ)と離れてしまい、毛乳頭を破壊できなくなります。
結果として、成長期の毛および毛根・毛包がきちんと破壊され、退行期や休止期は、毛が燃えるだけで、毛根・毛包はまだ生きているわけです。
結局、退行期・休止期から成長期に進むと、毛がまた生えてくるのです。
なので、満足いく結果を得るためには、平均6回のレーザー照射が必要になります。
色黒の方やアトピー性皮膚炎の方は、弱い出力で慎重にする必要がありますので、回数がかかる可能性があります。
色黒の方は、皮膚のメラニンにも反応してしまいますので、出力を上げると痛いし、やけどを起こす可能性が高くなるからです。
細い毛、色の薄い毛、産毛には、レーザー光線の反応が弱く、やはり、回数がかかる可能性があります。

治療を受けられる前に

  • 1.まずはテスト脱毛を受けていただきます。
  • 2.テスト脱毛をした部位に問題がなければ、1週間後以降に、本照射を受けてください。
  • 3.ただし、毛抜きをしておられた方は、テスト後1ヶ月間隔をあける必要があります。
  • 4.テスト脱毛と同じ日に本照射はできません。
  • 5.本照射前に、自宅で、傷のできない程度に十分に毛を剃ってきてください。決して、毛を抜いてこないでください。

受けたくても受けられない方(テスト照射もできません)

  • 日焼けされている方・近々日焼けする予定の方
    ※ 日焼けの前後1ヶ月は受けられません。
  • 光線過敏症(通勤・ショッピングの時に当たる程度の日光でブツブツの出る体質)の方
  • 光線過敏を引き起こす可能性のあるお薬を服用されている方
  • ケロイド体質(手術や怪我の傷跡が赤黒く隆起しやすい体質)の方

治療後の注意点

  • 1.日焼け対策は十分に行ってください。
  • 2.治療当日は、入浴、サウナはやめてください。シャワーは可です。
  • 3.レーザー照射直後は毛穴の周囲に赤いプツプツができることがあります。通常、数時間で消えます。
  • 4.レーザーに反応した毛が、毛穴表面に飛び出してきたり、毛穴で丸くこびりついていることがあります。
    自然に取れますので、無理にとらないでください。毛穴が化膿する原因になります。
    毛穴が化膿すると、次回から、化膿部位にレーザー照射できなくなることがあります。
  • 5.一度の治療で、いったんすべての毛がなくなるわけではありません。

考えられる合併症・副作用

・痛み。
※ やけどの原因になるので、痛みは我慢しないでください。
・赤み(時々)・かゆみ(少しまれ)・色素沈着(まれ、赤みが強く出ると起こることがあります)・色素脱失(きわめてまれ)。
※ 毛穴の周囲だけが赤くなるのは脱毛効果がある証拠で、特に問題ありません。
・極めてまれに、やけど。
・極めてまれですが、細い毛・色の薄い毛・産毛が多い部位にレーザー照射をすると、一時的に、毛が太くなったり、毛が増えたり、毛が硬くなったりすることがあります。

レーザー脱毛をご希望の場合、まずは診察が必要です。診察の予約は不要です。診察時の説明にご納得された場合、レーザー脱毛の予約を窓口かお電話でお取りください。

その他の診療

  1. 脱毛(ムダ毛)について

    レーザー脱毛について レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン) に吸収するレーザ…

  2. まつ毛育毛剤

    緑内障治療用点眼剤を使うと、まつ毛が伸びるという副作用が発見されたのをきっかけに開発されたのが、FDA(米国の厚労省に当たる…

  3. 頭の臭いと体の臭いについて

    頭皮にせよ、脇や足にせよ、体の臭いは汗や皮脂を常在菌が分解して発生します。 通常、常在菌は善玉菌、悪玉菌、日…

  4. 酒さについて

    酒さとは、顔面に原因不明で持続性の発赤、毛細血管拡張、刺激感等が出現し、重症化するとニキビ様の丘疹や膿疱が混じる慢性炎症性疾…

  5. イボについて

    イボは俗称で、本来は“尋常性疣贅(ゆうぜい)”という病名で、ウイルス感染症です。 老若男女問わず、体のあらゆ…

  6. 伝染性軟属腫(水イボ)

    水イボとは、ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが表皮角化細胞に感染して生じるもので、感染者皮膚から直接感染するだ…

  7. 金属アレルギー

    金属パッチテストについて 皮膚科の治りにくい疾患の中には、金属アレルギー…

  8. 局所的斑点・乾癬・難治性アトピー

    外用剤による治療に抵抗性を示す皮膚疾患の中には、医学的な紫外線を照射して治療するものがあります。 エキシマライトとは、治…