イボについて

液体窒素で治らないイボについて

イボは俗称で、本来は“尋常性疣贅(ゆうぜい)”という病名で、ウイルス感染症です。
老若男女問わず、体のあらゆる部位にできる病気です。
液体窒素療法以外に保険適用になっているよい治療法がありません。

液体窒素療法とは、液体窒素という約マイナス200℃のものを使い、イボを凍らせ、イボのウイルスに感染された細胞ごと破壊するという治療法です。
凍ったイボは徐々にカサブタになり、いつのまにかポロッと取れるのです。

しかし、手指・手掌・足底等のイボは液体窒素でなかなか取れにくいのです。
約マイナス200℃ですから、冷たいのを通り越して痛いです。
この痛みに耐えられず、継続できない方がいらっしゃいます。

そこで、私たちは、液体窒素ではなかなか取れないイボ、または、痛くて液体窒素を継続できない方の為に、液体窒素以外の方法でイボの治療をしております。

  • ※ この方法が液体窒素と比べ、必ずしも効果が勝るとは限りません。あくまでも、液体窒素が効かない、あるいは、痛くてできない人に、液体窒素に代わる治療法として、提案するものです。

治療法

スピール膏+ビタミンD3外用剤

イボはウイルスが感染・増殖し、角質が肥厚(角化)している病気です。
スピール膏は角質を軟らかくする薬です。ビタミンD3外用剤は角化治療薬です。

手順

  1. 1日1回、塗り薬を塗って、スピール膏を貼ってください。毎日繰り返します。
  2. ※ イボからはみ出さないようにしてください。

  3. 完全に取れるまで、1.を繰り返します。

副作用

かぶれ、スピール膏でふやけた皮膚にイボが広がることがあります。

その他の治療

  1. まつ毛育毛剤

    緑内障治療用点眼剤を使うと、まつ毛が伸びるという副作用が発見されたのをきっかけに開発されたのが、FDA(米国の厚労省に当たる…

  2. 頭の臭いと体の臭いについて

    頭皮にせよ、脇や足にせよ、体の臭いは汗や皮脂を常在菌が分解して発生します。 通常、常在菌は善玉菌、悪玉菌、日…

  3. 脱毛(ムダ毛)について

    レーザー脱毛について レーザー脱毛とは、黒い色素(メラニン) に吸収するレーザ…

  4. 赤ら顔について

    赤ら顔とは、まさに「顔が赤い」ことの状態を指す言葉であり、原因疾患が、かぶれなのか、アトピー性皮膚炎なのか、ニキビなのか、酒さなの…

  5. イボについて

    イボは俗称で、本来は“尋常性疣贅(ゆうぜい)”という病名で、ウイルス感染症です。 老若男女問わず、体のあらゆ…

  6. 伝染性軟属腫(水イボ)

    水イボとは、ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが表皮角化細胞に感染して生じるもので、感染者皮膚から直接感染するだ…

  7. 金属アレルギー

    金属パッチテストについて 皮膚科の治りにくい疾患の中には、金属アレルギー…

  8. 局所的斑点・乾癬・難治性アトピー

    外用剤による治療に抵抗性を示す皮膚疾患の中には、医学的な紫外線を照射して治療するものがあります。 エキシマライトとは、治…

  9. LEDによる美肌治療

    LED光線には色によりそれぞれ違う作用を有することがわかっています。医療に有用な色の違う光線を組み合わせて使うことにより、美…

  10. フォトフェイシャル®ステラM22

    フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は、ヘモグロビンをターゲットとして、毛細血管にダメージを与え、赤ら顔や毛細血管拡張症等の血…