グリコール酸ピーリング

グリコール酸によるケミカルピーリングが、世間では一般的に“ケミカルピーリング”と呼ばれているものです。
毛穴の角化抑制の他、皮膚表面の角質を除去すると皮膚の細胞からいろいろな作用を伝達する物質(サイトカイン)が放出されることが知られており、皮膚の新陳代謝が活発になり、コラーゲンが増生され、キメが滑らかでくすみの取れたお肌へと導かれます(皮膚のとても浅いところにある薄いシミならケミカルピーリングの回数を重ねると薄くなることも)。
グリコール酸ピーリングは、受けた直後でもお化粧することが可能です。

回数

2週間に1回の割合で処置をお受けください。
6回を1クールですが、ニキビ痕治療の方は、最低2クールお受けください。

受けたくても受けることのできない方

  • 妊娠中・授乳中の方
  • すり傷・切り傷・手術による傷が赤黒く盛り上がる体質の方(ケロイド体質)
  • 自己免疫疾患の方
  • イボのできている方
  • ヘルペスのできている方
  • ピーリングをしたい部位に3ヶ月以内に手術をした方
  • 日焼けしている・これから日焼けをする予定の方(日焼けの1ヶ月前後はピーリングをおやめになった方がよいでしょう)

グリコール酸ピーリングを受ける前の注意

  • 日焼けをしないようにしてください。
  • 前日の顔そりやパックは避けてください。
  • 処置の時はコンタクトレンズを外していただきますので、ケース等をお持ちください。

処置後に起こる可能性のある合併症・副作用

1.刺激感・痛み
刺激感(ピリピリ)は必ずありますが、通常は我慢できる程度です。
酸を中和するか、処置後クーリングしている間にほとんど消失します。
2.赤み
数時間~数日(ほとんどの場合、1日程度)で消失します。
3.かさぶた
ニキビの中身が出て皮膚表面で固まるとできます。
自然にはがれますので、無理にはがさないでください。
4.乾燥
角質をはがすので、保湿能力が落ち、乾燥することがあります。
5.反応性のニキビ
ピーリングによる反応で、一時的にニキビが増えることがありますが、軽快していきます。
6.境界の明確化
ピーリングをしたところと、していないところで境界がはっきりすることが稀にあります。
7.皮膚の鮮明化
ピーリングをするとお肌がきれいになるので、ピーリングでは取れないシミやホクロや毛細血管が目立つようになることがあります。
8.色素沈着
赤みがあまりにも強く残ると一時的にシミなることがあります。
9.腫れ・水疱・びらん
極めて稀ですが、赤みがあまりにも強く出ると、腫れたり、水ぶくれができたり、その水ぶくれが破れたりする可能性があります。
10.感染
皮膚の角層は異物の侵入を防ぐバリヤの働きをしております。そのバリヤがはがれるので、感染に弱くなり、イボやヘルペスができることがあります。

グリコール酸ピーリングを受けた後の注意

日焼けをしないでください(ピーリング後、1ヶ月間は)。
外出時には、日焼け止めを塗ってください。
保湿をしっかりしてください(ピーリング後3日間は、当クリニック指定の刺激のない、ノンアルコールのヒアルロン酸配合保湿ローションを使ってください)。
ピーリング後、1週間は、垢すり・パック・パーマ・毛染め等をおこなわないでください。

サリチル酸マクロゴールピーリングのことも知りたい方はこちら

ニキビの治療

  1. ニキビの治療について

    当クリニックで受診できるニキビ治療の一覧になります。

  2. ケミカルピーリング

    ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸といった酸を塗ることにより、皮膚の表面にある角質というものを化学的に…

  3. グリコール酸ピーリング

    グリコール酸によるケミカルピーリングが、世間では一般的に“ケミカルピーリング”と呼ばれているものです。

  4. サリチル酸マクロゴールピーリング

    ピリピリ感はほとんどないのに、皮膚の角層をしっかり溶かして

  5. トレチノイン

    トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であ…

  6. TCAピーリング

    TCAとは、トリクロロ酢酸のことで、水に極めて溶けやすい強酸性の物質で、強い腐食性があります。 TCAを用いて、…

  7. LED治療

    以前より、ブルーライト(405~420nm)はニキビ治療に応用されていました。アクネ桿菌に対する殺菌作用があるためです。しかし、皮…

  8. イオン導入

    皮膚は、外敵の侵入から体の内側を守るバリヤの働きをしています。 お肌に良い化粧品を塗っても、ほとんど吸収されません。 水溶化さ…

  9. ホルモン療法

    ニキビの原因として、ホルモンが関係していることが考えられます。 ホルモンの部分を治療するには、副作用やネガティブフィードバック(…

  10. 低用量ピル

    ニキビの原因となる黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあります。 低用量ピルは、特に、黄体…

  11. スピロノラクトン(アルダクトンA)

    アルダクトンAは…

  12. 保険診療

    抗生物質 効けば、圧倒的に速やかに効きます。

  13. その他の方法

    体の内側のコンディションを整えるのもニキビができにくくさせる重要な要素と私たちは考えております。 そうすることで、活性酸素が生じ…