フォトフェイシャル®ステラM22

フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は、ポルフィリンやヘモグロビンをターゲットとして、アクネ菌や皮脂腺へ血液供給する血管を破壊し、皮膚の炎症を鎮める作用を有しておりニキビ治療に効果的です。複数回照射をして徐々ににきびを減らし、ニキビ痕の赤みを減らしていく治療法です。

フォトフェイシャル®ステラM22

ステラM22は、ルミナス社のベストセラーであるM22の進化したフォトフェイシャル®機種であり、IPL(Intense Pulsed Light)という幅広い波長のマイルドな光を出し、その光が肌トラブルの原因となるターゲット(メラニン、ヘモグロビン、毛細血管、コラーゲン等)に当たると、光エネルギーが熱エネルギーに変換され、それぞれのターゲットに対してダメージを与えたり刺激を加えたりすることによって、肌トラブルを改善し美肌効果をもたらします。
シミ、くすみ、赤ら顔、軽度の毛細血管拡張等を徐々に改善し、肌に張りをもたらします。
フォトフェイシャル®ステラM22 イメージ01
レーザーは機種特有の1波長の光線が反応するターゲットのみを治療します。
治療効果は高いですが、ダメージもあるため、ガーゼ保護等を必要とします。
フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は幅広く色々な波長を含んでいるので、一度の治療で同時に何種類かのターゲットに効果を出すことができます。
ゆえに、一般的にはフォトフェイシャル®ステラM22の施術後にガーゼや絆創膏を貼る必要はなく、直後よりメイクが可能です。
レーザー治療とは違い、回数を重ねて治療効果を出していく治療法です。
輪ゴムで弾かれたような痛みはあります。
悩みが多くて何から治療を受けてよいかわからない方がまず受けるべき施術と考えます。

フォトフェイシャル®ステラM22 イメージ02

受けたくても受けられない方

妊娠中の方、授乳中の方、日焼けしている方(日焼けの前後1ヶ月はできません)、光線過敏症の方、光感受性を高める成分を含有する薬を使用中の方、糖尿病の方、てんかん発作既往のある方、ケロイド体質の方、施術希望部位に傷や病変のある方、皮膚がんの既往のある方、施術希望部位にタトゥーのある方、コラーゲン・ヒアルロン酸・脂肪注入されている方、リフトアップのための糸が皮下に入っている方

受けるのに注意の必要な方

肝斑やホクロのある方、抗凝固剤を飲んでいる方、単純ヘルペスの既往のある方、自己免疫性疾患の方、ホルモン障害のある方、経口イソトレチノイン使用中の方(中止後半年間は不可)、何らかの外用剤(特にニキビ治療薬)により皮膚に赤みや皮剥けが出ている方

通院回数

1ヶ月に1回の間隔で、まずは5回ほど受けてください。その後、お肌のメンテナンスとして、必要な方、あるいは、希望の方は継続してください。
※ 必要な回数には個人差があります。

施術後経過

シミやそばかすのあるところは照射直後から数日後にかけて濃くなり、さらに数日後に痂皮になり剥がれ落ちます。
その後はシミやそばかすが薄くなるとともに、肌全体の色調が明るくなります。

副作用・合併症

  • 施術後、薄いかさぶたや水疱が生じる場合がありますが、1週間前後で消退します。
  • 施術後、赤みが生じる場合がございますが、数時間から2,3日くらいで消退します。
  • 施術部位に色素沈着や色素脱失を生じることがあります。通常は顔面で3~6ヶ月(顔以外の上半身で長くて1年程度、下半身で長くて2年程度)で目立たなくなりますが、極めて稀に残ることがあります。
  • 施術後、特に鼻と頬に腫れを一時的に生じることがあります。数時間から1週間で消退します。
  • 紫斑(皮下出血)を生じることがあります。2週間程度で消退します。ただ、稀に色素沈着に移行することがあります。色素沈着の経過は前述のごとくです。
  • 眉毛やもみ上げ等が一時的に焦げたり、脱色したり、抜けたりすることがあります。
  • ニキビが一時的に悪化することがあります。
  • ごく稀ですが、他に考えられるものとして、熱傷、ニキビ様皮疹、痒み、毛穴周囲の発赤、埋没毛、瘢痕を生じる場合があります。
  • 上記以外にも、予期せぬ副作用や合併症を生じる可能性があります。

注意事項

  • 治療当日はシャワー浴を推奨します。
  • 施術後6週間は日焼け止めクリーム塗布などの紫外線対策を行って下さい。
  • 施術前後1週間はレチノール・アルコールなどの刺激成分が入っている化粧品のご使用を避けて下さい。
  • 皮膚が乾燥しやすくなることがありますので、保湿剤を使用してください。
  • 施術部位はデリケートになっているので、こすらないでください。
  • 併用可能な治療との順番と間隔(あくまでも目安です)
    • イオン導入:ステラ→イオン導入の順番で同日の施術が可能です。
    • ケミカルピーリング(CP):CPの1週間後以降に赤みが落ち着いてからステラ。
    • Q-YAGレーザー:Q-YAGから1,2ヶ月あけてステラ。
    • ボトックス:1.5ヶ月あけてからステラ。

ニキビの治療

  1. ニキビの治療について

    当クリニックで受診できるニキビ治療の一覧になります。

  2. ケミカルピーリング

    ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸といった酸を塗ることにより、皮膚の表面にある角質というものを化学的に…

  3. グリコール酸ピーリング

    グリコール酸によるケミカルピーリングが、世間では一般的に“ケミカルピーリング”と呼ばれているものです。

  4. サリチル酸マクロゴールピーリング

    ピリピリ感はほとんどないのに、皮膚の角層をしっかり溶かして

  5. トレチノイン

    トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であ…

  6. TCAピーリング

    TCAとは、トリクロロ酢酸のことで、水に極めて溶けやすい強酸性の物質で、強い腐食性があります。 TCAを用いて、…

  7. LED治療

    以前より、ブルーライト(405~420nm)はニキビ治療に応用されていました。アクネ桿菌に対する殺菌作用があるためです。しかし、皮…

  8. フォトフェイシャル®ステラM22

    フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は、ポルフィリンやヘモグロビンをターゲットとして、アクネ菌や皮脂腺へ血液供給する血管を破壊…

  9. イオン導入

    皮膚は、外敵の侵入から体の内側を守るバリヤの働きをしています。 お肌に良い化粧品を塗っても、ほとんど吸収されません。 水溶化さ…

  10. ホルモン療法

    ニキビの原因として、ホルモンが関係していることが考えられます。 ホルモンの部分を治療するには、副作用やネガティブフィードバック(…

  11. 低用量ピル

    ニキビの原因となる黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあります。 低用量ピルは、特に、黄体…

  12. スピロノラクトン(アルダクトンA)

    アルダクトンAは…

  13. 保険診療

    抗生物質 効けば、圧倒的に速やかに効きます。

  14. その他の方法

    体の内側のコンディションを整えるのもニキビができにくくさせる重要な要素と私たちは考えております。 そうすることで、活性酸素が生じ…