トレチノイン

トレチノイン(レチノイン酸)

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものです。このレチノイン酸は、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。
トレチノインは米国ではニキビシミ小じわの治療医薬品として、FDA(日本の厚労省に当たるところ)に認可されており、非常に多くの患者の皆様に皮膚の若返り薬として使用されています。アメリカでは、ニキビ治療の第一選択薬になっているほどです。

(注)レチノールやレチニールエステル配合のクリームが市販されておりますが、レチノールやレチニールエステルは外用ではレチノイン酸の約100分の1の生理作用しかないため、実際には、保湿クリーム+αという位置付けになります。

・トレチノインの皮膚に対する作用:

  • 1.角質をはがします(毛穴を詰まりにくくして、ニキビに効果的、角層のメラニンをはがすのでシミに効果的)。
  • 2.表皮の細胞をどんどん分裂させ、皮膚の再生を促します(シミの成分であるメラニンを皮膚の深いところから浅いところに排出しますので、シミに効果的)。
  • 3.皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます(毛穴に皮脂が溜まりにくくなりますので、ニキビに効果的)。
  • 4.真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り、小じわの改善をもたらします(凹んだニキビ痕・小ジワ・毛穴の開きに効果的)。
  • 5.表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします(小ジワやキメの改善に効果的)。

使い方

  • 1日2回、ニキビやニキビ痕とその周囲に塗ります。

・主な副作用:

赤み・皮むけ・刺激感
治療3日後(遅くて1週間後)より、皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたり、ポロポロと皮膚がむけてきます(※塗ってない部位にも症状が出ることがあります。特に目尻、口角等)。
ただし、これは、薬が効いていることの目安でもあります。使い続けていると、この副作用は消えてくるので、まずは1日1回夜のみに回数を減らし、様子を見てください。
それでもどんどんひどくなるなら中止し、受診してください。あまりにも痛みが強く塗布継続困難な場合、即中止し、受診してください。
逆に、1週間しても全然皮膚炎が起こらない場合は、トレチノインの濃度が低いので、濃度を上げます。
さらに1週間経過しても反応が出ない場合は、トレチノインに反応しない体質です。
残念ながら、トレチノインによる治療を中止しましょう。

(重要!!)トレチノイン治療中は必ず医師の指示どおりに通院して(通常は月に最低2回)診察を受けてください。“薬さえもらえば自宅で簡単に塗るだけで治る”治療ではありません。

・これから赤ちゃんを作る予定のある方へ:

レチノイン酸の内服で、催奇形性の報告があります。
外用については、アメリカでは心配ないと結論が出ておりますが、念のため、きちんと避妊を行っていただきます(中止後1ヶ月まで)。

ニキビの治療

  1. ニキビの治療について

    当クリニックで受診できるニキビ治療の一覧になります。

  2. ケミカルピーリング

    ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸といった酸を塗ることにより、皮膚の表面にある角質というものを化学的に…

  3. グリコール酸ピーリング

    グリコール酸によるケミカルピーリングが、世間では一般的に“ケミカルピーリング”と呼ばれているものです。

  4. サリチル酸マクロゴールピーリング

    ピリピリ感はほとんどないのに、皮膚の角層をしっかり溶かして

  5. トレチノイン

    トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であ…

  6. TCAピーリング

    TCAとは、トリクロロ酢酸のことで、水に極めて溶けやすい強酸性の物質で、強い腐食性があります。 TCAを用いて、…

  7. LED治療

    以前より、ブルーライト(405~420nm)はニキビ治療に応用されていました。アクネ桿菌に対する殺菌作用があるためです。しかし、皮…

  8. フォトフェイシャル®ステラM22

    フォトフェイシャル®ステラM22の出す光は、ポルフィリンやヘモグロビンをターゲットとして、アクネ菌や皮脂腺へ血液供給する血管を破壊…

  9. イオン導入

    皮膚は、外敵の侵入から体の内側を守るバリヤの働きをしています。 お肌に良い化粧品を塗っても、ほとんど吸収されません。 水溶化さ…

  10. ホルモン療法

    ニキビの原因として、ホルモンが関係していることが考えられます。 ホルモンの部分を治療するには、副作用やネガティブフィードバック(…

  11. 低用量ピル

    ニキビの原因となる黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあります。 低用量ピルは、特に、黄体…

  12. スピロノラクトン(アルダクトンA)

    アルダクトンAは…

  13. 保険診療

    抗生物質 効けば、圧倒的に速やかに効きます。

  14. その他の方法

    体の内側のコンディションを整えるのもニキビができにくくさせる重要な要素と私たちは考えております。 そうすることで、活性酸素が生じ…