トレチノイン

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものです。このレチノイン酸は、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。
トレチノインは米国ではニキビ、シミ、小じわの治療医薬品として、FDA(日本の厚労省に当たるところ)に認可されており、非常に多くの患者の皆様に皮膚の若返り薬として使用されています。アメリカでは、ニキビ治療の第一選択薬になっているほどです。

トレチノインの皮膚に対する作用

  • 1.角質をはがします(毛穴を詰まりにくくして、ニキビに効果的、角層のメラニンをはがすのでシミに効果的)。
  • 2.表皮の細胞をどんどん分裂させ、皮膚の再生を促します(シミの成分であるメラニンを皮膚の深いところから浅いところに排出しますので、シミに効果的)。
  • 3.皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます(毛穴に皮脂が溜まりにくくなりますので、ニキビに効果的)。
  • 4.真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り、小じわの改善をもたらします(凹んだニキビ痕・小ジワ・毛穴の開きに効果的)。
  • 5.表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします(小ジワやキメの改善に効果的)。

使い方

1日2回(1回しか塗ることができない方は、夜のみ1回)塗ってください。
UVケアはしっかり行ってください。
ハイドロキノンと併用の場合は、最初にトレチノインをシミからはみ出さないように塗り、乾いてからハイドロキノンをシミの上に塗ってください。

主な副作用

1)赤み・皮むけ・刺激感
治療3日後(遅くて1週間後)より、皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたり、ポロポロと皮膚がむけてきます(※塗ってない部位にも症状が出ることがあります。特に目尻、口角等)。
ただし、これは、薬が効いていることの目安でもあります。1日2回塗るところを、まずは1日1回夜のみに回数を減らし、様子を見てください。
それでもどんどんひどくなるなら中止し、受診してください。あまりにも痛みが強く塗布継続困難な場合、即中止し、受診してください。
逆に、2週間経過しても何の反応も出ない場合はトレチノインに反応しない体質と思われるのでトレチノインによる治療を中止します。
2)炎症後色素沈着(赤みの後に起こることがあります)
シミでご使用の方は、治療効果を上げるためと炎症後色素沈着予防のため、ハイドロキノンを併用していただきます。
ハイドロキノンでかぶれる方は、トレチノインによる治療を中止しないといけません(毛染めでかぶれる方は、ハイドロキノンでかぶれる可能性が高くなります。毛染めでかぶれないからといって、ハイドロキノンでかぶれないという意味ではありません)。
UVケアを十分に行ってください。刺激の少ないものがよいでしょう。

(重要!!)トレチノイン治療中は必ず医師の指示どおりに通院して(通常は月に最低2回)診察を受けてください。“薬さえもらえば自宅で簡単に塗るだけで治る”治療ではありません。

これから赤ちゃんを作る予定のある方へ

レチノイン酸の内服で、催奇形性の報告があります。
外用については、アメリカでは心配ないと結論が出ておりますが、念のため、きちんと避妊を行っていただきます(中止後1ヶ月まで)。

シミの治療

  1. トレチノイン

    トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、…

  2. ハイドロキノン

    ハイドロキノンとは、メラニンの産生を阻害する成分で、つまりシミの原因であるメラニン色素を作らせない漂白剤です。 …

  3. Q-スイッチYAGレーザー

    取れるシミ

  4. その他の治療法

    イオン導入 皮膚は、外敵の侵入から体の内側を…