CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

ホクロの取り方

取り方を大きく分けると二つの取り方になります。
メスで切るか、レーザーで取るか。
さらに、メスで切るのも、切除縫合とくり抜き法の二つに分けられます。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)の出す光は、組織中の水分に吸収され、著明な熱効果を生じます。
この原理を利用して、組織を蒸散させます。
ほとんど出血させることなく切除することができます。
ホクロや皮膚良性小腫瘍の治療に適しています。
痛みがありますので局所麻酔を必要とします。

ホクロをとばして、皮膚に穴を開けるイメージです。
再発覚悟で浅く削れば、傷跡はきれいになります。
再発しないようにできるだけ深く削れば、傷跡は汚くなります。
具体的には、凹んだ痕になります。
レーザーは使い方や何を優先されるかにより、傷跡のきれいさが変わってきます。

凹み以外の傷跡としては、赤み・シミ・隆起です。
赤み、シミは一時的なもので、顔だとすると基本的には3~6ヶ月で自然に消えます。
隆起ができると治りにくいです。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)は、直径4mmまでの小さなホクロに適しています。

鼻の下のホクロは、一度に取りきろうとすると、傷跡が隆起しやすいので、何回かに分けて、少しずつ取っていったほうがよいでしょう。

鼻にあるホクロは、一度に取りきろうとすると、傷跡が凹みやすいです。
ここも、何回かに分けて、少しずつ取っていったほうがきれいになります。

基本的に出血せず、翌日から、洗顔や洗髪が可能です。
自宅での処置は楽です。
上皮化(傷跡にきちんと皮膚が張ること)するまで、通常2週間かかります。

ホクロの治療

  1. CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

    ホクロの取り方 取り方を大きく分けると二つの取り方になります。

  2. メスでの切除

    切除縫合 部位にもよりますが、直径6mmを超えるものについては、切除…