【水イボ】子供さんのために経過観察か痛くない治療を

「健康なお肌と“きれい”をめざして」いるあなた、こんにちは!!

 

乳幼児期にかかりやすいウイルス感染症である水イボ(伝染性軟属腫)は、以前は子供さんを押さえつけて、中に入っている芯を取り出すという、激痛を伴う処置を何の疑問もなく有無を言わさず実行していたものです。

しかし、かかりやすく移りやすいが体調にはなんら問題がないこと、ほとんどの場合、いずれは自然に治ることより、徐々に取ることはしなくなってきました。

 

なので、経過観察が基本でよいと思います。

自然に消えるまでたくさん増えることもありますが、そうなっても最終的にはほとんど治ります。

 

何らかの理由でどうしても治療をしないといけない場合は、痛くない治療として、専用クリームが存在します。

もちろん必ず効果があるとは限りません。

合わないとかぶれることもあります。

治る直前には赤く腫れたり、ジクジクすることもあります。

 

でも、子供さんが痛い思いをして処置されるよりはずっと良いと思います。

 

では。