イオントフォレーシス

塩化アルミニウムの外用等をしても改善しない原発性の手足の多汗症に水道水イオントフォレーシスは有効です。最新の日本皮膚科学会「原発性局所多汗症診療ガイドライン」で推奨度B(行うよう勧められる)の治療法です。保険適用です。

受けられる方

原発性(過剰な発汗が明らかな原因がないまま6カ月以上認められる)の方で、かつ、下記6症状の内、2項目以上当てはまる方に限られます。

  1. 最初に症状がでるのが25 歳以下であること
  2. 対称性に発汗がみられること
  3. 睡眠中は発汗が止まっていること
  4. 1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
  5. 家族歴がみられること
  6. それらによって日常生活に支障をきたすこと

受けられない方

循環器系疾患のある方、妊娠中・授乳中の方、刺青のある方、施術部位に傷のある方(軽度ならワセリン塗布して施術可になることあり)、施術部位近くの体内にインプラントや骨固定等の金属がある方、ネイル・マニキュア・ペディキュアをしている方

発汗抑制のメカニズム

電流を通電することにより生じる水素イオンが汗孔部を障害し狭窄させることにより発汗を抑制するのであろうと現時点では結論付けられています。

方法と回数

水道水で満たしたプラスチック製の容器に金属板の端子を入れ、そこに両手あるいは両足を入れて耐えられる痛みの範囲の直流電流を20分(片側10分ずつ)流します。手足とも行うと合計40分かかります。症状や痛み等で時間の長さは前後することがあります。
最初は週に1,2回(できるだけ2回)ずつ受けられ、数回受けて効果を実感できたら徐々に間隔をあけていきます。

施術を受ける上での注意点

  • 施術部位に傷のある方は事前にお伝えください。できないことがあります。
  • 前日から施術部位やその周囲に薬やクリーム、マニキュア、ペディキュア等、何も塗らないでください。ネイルをしないでください。
  • 診察前に手洗いで濡れた手や、施術後の濡れた手足を拭くためのタオルを持ってきてください。
  • 電流の流れ始めに驚いて電極から手や足を離さないでください。施術終了後もスタッフがお伝えするまでは話さないでください。施術中に痛みや熱さを感じる場合もいきなり電極から手や足を離さず口頭でお伝えください。いきなり離すとその瞬間にバチっとなり余計に痛いです。

問題点

やけどを起こすことがあります。
施術後、短時間ですが、ピリピリ感や痒みが残ることがあります。

手足の多汗症の治療

  1. イオントフォレーシス

    塩化アルミニウムの外用等をしても改善しない原発性の手足の多汗症に水道水イオントフォレーシスは有効です。最新の日本皮膚科学会「原発性…

  2. パースピレックス

    長時間持続制汗剤 パースピレックス

  3. D-tube・D-powder

    D-tube(ディーチューブ)・D-powder(ディーパウダー) 主成分に、…