【アトピー性皮膚炎】塗り薬で治りが悪いと思うときに自分で改善できること

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

「健康なお肌と“きれい”をめざして」いるあなた、こんにちは!!

 

塗り薬を続けているのに、治りきらない、薬を中止すると繰り返すということをよく経験されると思います。

その理由は主に3つあります。

  1. 塗り薬の効果が弱いか合わない。
  2. 十分に治りきっていないのに薬を中止してしまう。
  3. 1日2回塗る薬を1日1回しか塗ってない。

1.は皮膚科医に塗り薬を変更してもらうしかありません。

しかし、2.と3.はご自身で何とかできます。

2.は、長く塗っていると副作用が心配とか、忙しくて次回受診までに薬が足りなくなるので節約してしまうとか、ベタベタするとか面倒くさいからとかで早めに塗るのを中止してしまっていることが多いですね。

3.は、これが判明すると薬を処方している側としてはがっかりしてしまいますが、一番改善させやすいものでもあります。回数を守り、十分な量を塗りましょう。

薬を1日2回塗ると記載されているのには理由があります。

 

では。