【美容皮膚科】第40回 日本美容皮膚科学会に行ってきた

院長ブログ

「健康なお肌と“きれい”をめざして」いるあなた、こんにちは!!

 

2022年8月6日(土)~7日(日)に東京の虎ノ門で開催された第40回 日本美容皮膚科学会総会・学術大会に行ってきました。

 

赤ら顔やニキビ後の赤みの痕に元々血管腫治療機として作られたIPL(フォトフェイシャル®)が効果的だと確信を持ちました。

スキンケアが重要で、肌の荒れている方はたいていスキンケア方法が誤っていることが多く、例えば洗顔をしすぎている、保湿化粧品を塗りすぎている、こすりすぎている等、「○○すぎている」ということだとこれまた確信しました。

スキンケア方法はご自身では「普通」にしているつもりなので、指摘されても、「そんなことはない、普通にしています。」と答えられるのですが、どうか、ご自分のお肌のためと思って「普段よりそーっと触る」、「普段よりそーっと洗う」等を意識してください。

こすってないと言い張って、水圧の強いシャワーを顔に直接ぶっかけているのはもってのほかです。

 

肝斑に使えそうな新しい美白成分についても学んできました。

近日採用予定です。

 

では。

関連記事