パースピレックス

長時間持続制汗剤 パースピレックス

パースピレックス

パースピレックスの作用は長時間持続性であり、1回の使用で汗と臭いを3~5日間予防します。
かぶれにくい処方内容になっています。
これらは特許技術で実現しています。
それ以外でも速乾性で落ちにくく、香料を使っておらずアレルギーのリスクが軽減されており、衣類への色移りもしません。
ワキ用と手足用があります。

使用方法

  • 夜の就寝前にパースピレックスを塗布します。望まれる効果が得られるまで(通常最初の1週間以内)パースピレックスを毎晩使用します。敏感肌の場合は、1日おきに2週間塗布します。
  • 乾燥した傷のない皮膚に使用し、使用後はパースピレックス が完全に乾いてから衣類を着用します。必要な場合は、パースピレックスを使用する前に扇風機またはヘアードライアーで皮膚を乾かします。
  • 翌朝、石鹸と水で洗い流します。塗り直しはしないでください。
  • 2週目以降は、週2~3回、または必要な頻度でパースピレックスを使用し、汗と臭いのコントロールを維持します。
  • 脱毛後48時間は使用しないでください。

腋窩多汗症(ワキ汗)の治療

  1. ボトックス

    ボトックスによる治療 神経伝達物質であるアセチルコリンの影響で汗染みの原…

  2. エクロックゲル

    エクロックゲル 日本で初めて保険適用された原発性腋窩多汗症用の塗り薬です。 …

  3. パースピレックス

    長時間持続制汗剤 パースピレックス

  4. D-tube・D-powder

    D-tube(ディーチューブ)・D-powder(ディーパウダー) 主成分に、…